top of page
  • hasegawa-a1

22.11.5 境界線を探せ!(久喜市内)

さて今回は実際に久喜市内の現場のお話です。


ある土地の境界線が民地(お客様)と官地(久喜市)となっており、

その境界線には境界標が埋まっていないというケースです。






写真でいうと赤い斜線部分は官地(水路と道路)となっており、

その両サイドは民地となります。


この太い赤い線がざっくりと言うと境界線となりますが、

この太い赤い線を正確に復元しないといけません。


境界線は「大体このあたりで良いか!」と適当に決めることはできません。


公的な資料に基づき、緻密に緻密に精査して導き出していく必要があります。


それが出来るのが我々、土地家屋調査士なのです!(ドヤぁ)笑


そして、現在鋭意

境界線について久喜市と打ち合わせを行い、

確定に向け取り組んでいる所です。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

長川工務店は網戸1枚から新築まで安心して頼める少し変わった工務店です。


『価格も安心』、『品質も安心』の長谷川工務店が


地元エリアのお家をしっかり守っていくという強い想いで日々精進しています。


その想いが長谷川工務店のモットーである『真心の住まい造り』です。


ご用命がございましたらお気軽にお電話頂けますよう宜しくお願いいたします。


0480-85-5760

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page